スポンサー・後援者のお願い

 書道家/書道performer右近桜月は、ネット社会が急速に進むなか、手から創造される温もりのある書を 地元福井県の「手漉き(てすき)の越前和紙」を通して、日本古来からの伝統文化である「書道」を後世に継承していきたいと考えております。

 また、書の作品だけにとどまらず、越前和紙を使用し、企業や店舗の空間デザイン・プロデュースにも力を入れ、建築にもARTを取り入れる「書のある暮らしの豊かさ」を提案させて頂きたいです。

 地元の越前和紙を日本に世界に発信するべく私は今、精力的に活動しております。越前和紙を使用することで地元福井県に貢献できたらと思う一心です。

 そして、それが地域活性化、観光客の増加に繋がることと考えております。

 しかしながら、私、右近桜月が目指しているものは、応援してくださるスポンサーの方や後援してくださる方がいなければ辿り着けないような長く険しい道のりの先にあります。どうか、右近桜月の今後の成長へのご支援をお願いしたいです。共に道を歩んで頂けるスポンサーの方、後援してくださる方を、只今募っております

 スポンサー・後援者の皆様には、右近桜月の様々な活動の場を通して、企業名や商品、自治体をPRさせて頂きます。それは新しい企業様にとっては、企業名を認知してもらうことであり、商品の販売促進に繋げる場合は商品の訴求であり、企業のイメージアップということも考えられます。また、自治体のPRではその土地を活性化することができるような書道パフォーマンスであったり、真心の込もった書作品の創作をさせて頂きます。

 このような狙いを右近桜月という書道家を通して、効果的に達成することができます。

 また書道は、日本の文化そのものです。書道を通して日本のおもてなしの心・感動・ドラマ性・海外の方に興味を持って頂ける国際性など、書道そのものが持つ洗練された品性の高さがあります。

 このようなイメージと、企業のイメージをオーバーラップさせて情報を発信できることが大きな魅力となります。

 さらに、右近桜月に対するスポンサーシップは芸術を通し、間接的に地域貢献というメセナ的要素を持ちます。そのメセナ的要素を企業のマーケティング・プランに取り込むことで、企業イメージを高めるという効果に繋がります。

 是非、ご支援を賜ります様、お願い申し上げます。